2010年09月06日

くるしいなぁ。

結婚の話をふらないで。
とりあえず、結婚するにしろ、まだ数年はできないわけだし。

もしかしたら、結婚にまで及ばないかもしれないし。

華のときと、一緒。
なんとなく、そんな気がしてる。

華にだって、「結婚まで考えてる」って言ってたわけだし。
だから、お兄ちゃんからその言葉をもらっても、別に婚約したわけじゃないし、結局はあいまいで不安定。
確固たるものなんて、ないんだから。


不安、だから。

お兄ちゃんは、わたしのからだ、ほめてくれるけど。
絶対に言っちゃいけないってわかってるから、言わないけど。
「からだ、だけ?」

って思ってしまうのも事実。

鬼畜なのも、いいけど。
調教されても、いいけど。

わたしだって。
ただまっすぐに愛されたい。
不安じゃなくて。
全身で、満たされるような。

らしくなくても、甘いセリフを聞いていたいし、
もっと、たまには優しく扱ってほしいし、
わたしにも、好きっていって。

一日0.5回なんかじゃなくって。
もっともっと聞きたいよ。

もとめ、たいけど、
拒絶されるのが怖くって。

伸ばした手を、ふり払われるのが怖くって。
結局いえないんだけど。

・・いいんだ。
お兄ちゃんが離れるそのときは・・

引き止めなければいいだけのこと。

その日が来たら、それはそれで。
来ないんだったら、今のまんまで。

ちょっと、悲しくても、さびしくても、
わたしが我慢してれば、いい。
それだけのこと。

posted by 香月秋穂 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。